ふょこらのチョコ日記

チョコが主食の大学生が映画やゲームなどについて書くブログです。

映画『ミッション:インポッシブル/ ローグネイション』感想

 

お久しぶりですふょこらです。

 

今回はAmazonさんにおすすめされたのでミッションインポッシブルの5作目を。

わたしにとってスパイ映画といえば007。実は5作目にしてこのシリーズ初めてです。

 

f:id:Gt_chocolat:20170205192925j:plain

 

 

あらすじ

正体不明の多国籍スパイ集団“シンジケート”をひそかに追っていたIMFエージェントのイーサン・ハント(トム・クルーズ)は、ロンドンで敵の手中に落ちてしまう。拘束された彼が意識を取り戻すと、目の前に見知らぬ女性と、3年前に亡くなったはずのエージェントがいた。拷問が開始されようとしたとき、その女性は思わぬ行動に出る。(シネマトゥデイ

イーサン・ハント: トム・クルーズ
ウィリアム・ブラント: ジェレミー・レナー
ベンジーダンサイモン・ペッグ
イルサ・ファウストレベッカ・ファーガソン
ルーサー・スティッケル: ヴィング・レイムス
ソロモン・レイン: ショーン・ハリス
アラン・ハンリー: アレック・ボールドウィン

トムクルーズが格好いい!

50歳 を超えているのにアクションに全く老いを感じさせないのは本当にすごい。

冒頭、離陸する輸送機に掴まり離陸後乗り込むシーンではCGではなく実際に本人がアクションしたというから驚き。

 

美しく強いヒロイン

f:id:Gt_chocolat:20170205200148j:plain

 

ヒロイン、レベッカ・ファーガソンのアクションが美しく格好いい。

見終わって一番印象に残っているのはこの人。

 

この手の映画では戦うヒロインがでてきても、なにかきっかけですぐに弱い存在となり、主人公に守られるというのがお馴染み。うんざりしてきたけどこの作品では最後まで守られる存在にならず素晴らしかった。

 

まとめ

なにも考えず純粋に主人公の活躍を楽しむことが出来る。素晴らしい。

また、珍しくラブシーンがないのも家族で見るにはうってつけ

 

登場するさまざまなスパイメカにリアリティは無いのだけど、不思議な説得感がある。

カーアクションやストーリーにはいろいろとケチをつけたくなるのだけどそれに口をだすのは野暮かな